義母と同居した話

結婚式場決められてた話

結婚の挨拶をしに義実家へ。

行きたくなかったけれど、形だけしっかりやろうと思い割り切っていました。

主人「ただいま~。彼女連れてきたよ!」

私「おじゃまします。」

義父「いらっしゃい。よく来てくれたね😊さあ、上がって。」

義母「(無言)」

義両親に迎えられリビングへ。

義父はとても真面目で優しい方で、今後私たちを助けてくれる存在です。

義母は結婚が気に入らないのか、私のことが嫌いなのか無言でご機嫌斜めでした。

私「これ、私の地元のお菓子なんです。お口に合えば嬉しいです😊」

義父「わざわざありがとうね😊」

義母「(義母)ちゃんは、これあんまり好きじゃないなぁ・・・・(ボソッ)」

はい。そうです。

義母の一人称、○○ちゃんです😂

笑っちゃうからやめて欲しい(笑)。

義父「結婚式はどうするんだ?」

主人「二人で話して、カジュアルな感じの結婚式をしようと思ってる。

ブライダルフェアも近々行く予定だよ!」

ここで義母がいきなり動きだし、式場のパンフレットを出してきました。

義母「頼まれていたとおり、結婚式場決めておいたからね😚」

主人「・・・・・・は?」

義母「日付は7月○日、(義母)ちゃんの誕生日にするわよ。

大好きな(息子)ちゃんの結婚式が(義母)ちゃんの誕生日なんて嬉しいわ~😚」

主人「・・・・?は?頼んでないしなんなの?夫婦で決めるから!」

義母「頼まれたわよ!ゆきこが頼んできたのよ!」

私「頼んでないです😂」

私が義母にまともに会うのは生卵事件以来、話したのは結婚が決まり電話で簡単に挨拶をした時(同居してあげる事件)だけでした。

義父「(義母)もいろいろ調べてくれてたぞ~🙂」

主人「俺たち夫婦で決めることだから、お母さんに決めて欲しくないんだよ・・・。」

私「お義父さん、すみません。

私たちは夫婦としての初めてのイベントを、2人で決めていきたいと思っています。

お互いの両親に感謝を伝えられる式にしたいので、私たちに任せて頂きたいです😉

お義母さんは何か勘違いしていらっしゃるみたいです・・・・ね?」

義父「そうなのか・・・・(義母)?」

義母「👹👹👹👹👹👹・・・・・(ほんとにこんな顔だったww)」

義父「なにも知らなくて申し訳ない。

ゆきこさん達に任せるよ。

素敵な式になるといいね。」

ゆきこ
ゆきこ

義母敗北🤣🤣🤣🤣

結婚式仕切ろうとするなんて怖すぎ・・・・

義父のおかげで初勝利できました!!

ちなみに義母が決めた式場は、義実家から最寄りの場所でした。

メモ書きを見てみると近所の人まで呼ぶつもりだったらしい・・・・。

ABOUT ME
ゆきこ
のんびり屋の主婦です。 副業のためにブログを始めて、趣味や漫画・副業についてのんびり投稿しています。